お気に入りに追加

相続登記の種類

相続登記には様々な種類があります。

相続登記の登記原因は「相続」となるのが基本ですが、事案によっては、「遺産分割」「遺贈」などの原因になることもあります。

ここでは、登記原因が「相続」になる場合と、それ以外の場合の様々種類の相続登記を解説しています。

⇒ 相続登記(法定相続)
法定相続分による相続登記を行う場合です。
⇒ 相続登記(遺産分割)
法定相続分で相続登記を行った後に、遺産分割協議で持分を変更する場合の相続登記です。
⇒ 相続登記(遺贈)
遺贈による所有権移転登記です。
⇒ 相続登記(死因贈与)
死因贈与契約による所有権移転登記です。
⇒ 相続登記(相続分譲渡)
法定相続分で相続登記を行った後に、相続分譲渡によって持分を変更する場合の相続登記です。
⇒ 相続登記(遺留分減殺)
いったん相続登記を行った後に、遺留分減殺を原因として行う所有権移転登記です。
⇒ 相続財産法人(相続人不存在)への名義変更
相続人が存在しない場合には、不動産の所有者を相続財産法人に変更する登記を行います。
⇒ 特別縁故者への財産分与による不動産名義変更
相続人も債権者も存在せず、特別縁故者に所有権が移る登記です。

相続登記をもっと詳しく知りたい方は

相続登記についての無料相談実施中です!!

当事務所では、相続登記についての無料面接相談(初回30分のみ)を行っております。

また、遺言書作成・遺産分割協議書作成・相続放棄など、相続登記以外の相続関連手続全般のご相談も承っておりますので、相続手続でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

⇒ High Field司法書士法人・High Field行政書士事務所に相談する

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士・行政書士高野和明
弁護士 田子忠雄
司法書士 坂田英輝

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたい不安その2 どんなスタッフが対応してくれるか知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真