お気に入りに追加

相続登記と相続人廃除

相続人廃除とは

相続人が被相続人に対して虐待・侮辱・著しい非行を行った場合、被相続人は、家庭裁判所に対して当該相続人から相続権を剥奪するように求めることができます。

これが相続人廃除の制度です。

相続人廃除と相続登記

遺産分割や遺贈の場合と異なり、相続登記において「相続人廃除」という登記原因は存在しません。

つまり、相続人廃除の効果として不動産が移転することはありません(他の相続人の持分が増加することはあります)。

相続人廃除がある場合の相続登記の添付書類

廃除された相続人がいる場合、通常の相続登記の添付書類に加えて、相続人廃除を証明する書面が必要になります。

相続欠格と異なり、相続人の廃除は戸籍に記載されますので、戸籍謄本を提出すれば良いことになります。

相続人廃除がある場合の相続登記は司法書士へ

相続人廃除を行うためには家庭裁判所に申立てを行う必要がありますが、司法書士は書面作成を通してお手伝いをすることが可能です。

相続人廃除が絡む相続登記の事案については、司法書士にご相談ください。

⇒ High Field司法書士法人・High Field行政書士事務所に相談する

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士・行政書士高野和明
弁護士 田子忠雄
司法書士 坂田英輝

相続仙台どっとこむなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたい不安その2 どんなスタッフが対応してくれるか知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真